東京で解体工事をお考えの方

2020/03/26 ブログ
logo

建て替えを検討の方、空き家を売却を検討の方など解体費用がどのくらい掛かるかとの質問が多いです。

建物の構造や規模によって様々ですが、日本の90%が木造なので一般的に延床面積が30坪かなら総額で120万円くらいが相場です。

注意が必要なのは建物の構造や規模だけでなく、どれだけ解体工事が行い易い環境かでかなり変動いたします。

解体工事で「人力のみでの解体」と「重機解体作業」ではかなり違いが出ます。

東京での解体工事は、人力解体による解体が多いためどの地域よりも高くなる傾向があります。

解体工事の流れ

1.見積依頼

2.現地調査:この現地調査による人力か重機解体かを見極めます。

3.見積提示:複数見積を取る事で相場感が掴めます。

4.解体工事会社決定:見積を比較し施工会社を決めます。

5.工事請負契約締結

6.各種届出書類署名押印:80m2以上の建物は役所への申請が必要になる為書類への押印等が必要となります。

7.近隣挨拶

8.解体工事開始

9.解体工事、整地作業完了

10.建物滅失登記:解体が終了したら、建物所有者には1ヶ月以内に滅失登記の申請義務が課されています。滅失登記には解体工事会社からの解体証明書(建物取り壊し証明書・建物滅失証明書)が必要ですので、忘れないようにしてください。

上記の内容を当サイトにサポートさせて頂きます!

東京で解体工事をお考えの方はぜひ解体リサーチへ!