東京で鉄骨造の解体工事検討の方!

2020/04/30 ブログ
logo

東京で鉄骨造の解体をお考えの方は!

 

鉄骨造家屋は建物の主体となる構造に鉄骨を使用した住宅です。S造とも呼ばれ、「Steel(スチール)」の頭文字をとったものです。もし建て直しや解体して更地にしたいなどさまざまな理由のもとに、解体を選ぶ場合もあります。いろいろな状況の中、今回は鉄骨住宅の解体について解説していきたいと思います。

 

鉄骨住宅は強度が高く燃えにくい、強固な住宅です。鉄骨住宅とひとことで表しても、厚さ6mm未満の鋼材を使った構造を「軽量鉄骨造」、6mm以上の鋼材を使った構造を「重量鉄骨構造」の2種類があります。

家の構造は解体価格に大きく関係してきます。特にしっかりとした固めの構造の場合は、解体に対する費用も日数もかかってしまう傾向にあります。

家の解体には重機も使用します。重機が入れる敷地がある状況が費用が安くなるポイントです。近隣住宅が近い場合は、人力解体になるため高くなる可能性があります。ですのでどうしても日数がかかり、人件費も多くなる傾向が高くなります。

鉄骨造には人体に有害な物質が建物構造などに使用されてる可能性が1番高いです。

解体方法も特殊なものになり、ごみの処理も変わってきます。有害物質の中でも有名なのはアスベストです。アスベストは、過去建物に断熱材として使われていた建材です。

アスベストについても使用されている量により処分料、除去の人件費などが大きく変わります。検査をしてみないと分からないはのも難点であります。

アスベストについてはまた別の機会にお伝え出来ればと思います。

東京で鉄骨造の解体工事をお考えの方はぜひ解体リサーチへお問い合わせ下さい!