解体後の跡地の運用方法

解体工事をして更地になったは良いが、そのまま放置してしまうと土地を活用できていないのに(収入がないのに)固定資産税を払い続けなければなりません

特に更地は固定資産税が高くなりますので、なんとか土地を有効活用できないかと考える人がほとんどではないでしょうか。

できれば『その土地が収入を生み続けてくれる資産』に変わることができれば嬉しくありませんか?

今回は、解体工事後の土地の活用方法についてランキング形式でご紹介しますので、ぜひ有効に活用して、収益性のある土地を目指しましょう!

駐車場を経営する(コインパーキング/月極駐車場)

コインパーキングは

・運用会社に任せるか
・自分で運用するか

の2つのパターンに分かれますが、少し手数料を支払っても、運用会社に任せるほうが自由な時間を過ごしながら、収入を得ることができるので、こちらのほうがオススメでしょう。

「釣り銭が足りない・・」
「機械が動かない・・」
などで、出向くのは大変ですからね。。

駐車場経営成功の成否はだた1つ:それは立地
とにもかくにも、駐車場経営は立地がすべてです。

その土地が駐車場経営に向いているかどうかまずは見極めることが大事です。

素人では、その判断が難しい場合も多いと思いますので、まずはその土地がパーキングとして収益化が図れるか、を査定してもらいましょう。

アパートやマンションを経営する

アパートやマンションなどの賃貸住宅の経営をする方も多いようです。

メリットとしては、固定資産税や相続税などを節税できることや、分譲マンションの運用では場合によっては預金をするよりも高い利回りが期待できること、あるいは長期の安定収入源として期待できることなどが挙げられます。

しかしながら初期費用が大きいことや、建物の維持費や管理費が必要なこと、また運用するためのノウハウが必要になってくることなどはデメリットと言えるかも知れません。