金銭トラブルに発展する安価な解体業者の実態

解体工事費用の内訳を分解すると、「人件費」「産業廃棄物処理費用」の2つの項目がその70%から80%ほどを占めています(現場環境により異なります)。解体業者はこの2つの項目のコストを抑えることができれば、比較的簡単に利益を上げることができるのです。そのため、「悪徳」と呼ばれる業者は、この2大コストを削減するためには手段を選ばないのです。このページでは、悪徳業者の施工内容と悪徳業者に発注した場合のリスクとどうすれば解体工事の質を落とさずに工事費用を安くできるのか?その内容をお伝えいたします。

産業廃棄物を不法投棄する

産業廃棄物の排出事業者(解体業者)は、法令を遵守して適正に処理をしている業者に依頼することが義務付けられています。その確認を怠るなどの過失があった場合、処理業者同様に解体業者は罰せられます。また、その責任は施工会社だけではなく発注者(施主様)にまで及ぶ場合もありますので注意が必要です。

 

産業廃棄物を解体現場に放置、もしくは地中に埋めて隠す。

上記と同様にこれも不法投棄に該当します。処分費用どころか、運搬の手間やその費用も削減するために解体現場に埋めていく悪徳業者もいるのです。

現場管理者がいない

不法投棄をしてまでコストを削減するような会社は、高額な職人の人件費の削減を勿論致します。そんな業者は工事の質など一切おかまいなしです。人件費が比較的安くすむ外国の方を雇う事自体に問題はないのですが、教育や管理をせずに現場へ行かせることは大きな問題です。しかし、そんな解体業者も実際は多く存在しています。本来であれば、日本語でのコミュニケーションがとれる人材を雇い、現場監督が現場で指示をしながら進めるのが解体工事です。悪徳業者の場合、不法滞在などで身元確認ができない外国の方を雇い、低賃金で働かせます。もし工事中に事故が起っても保険は適用されません。さらにはコミュニケーションもなかなか取れないので、現場での指示は行き届かず、事故の危険性も高くなってしまいます。

近隣の迷惑もいっさい気にしない

多くの方にとって、解体工事は一生に何度も行うものではありません。販売業のようにお客様がリピーターになることもほとんどありません。悪徳業者はそこにつけ込みます。1人1人のお客様を大切にしようとはみじんも思わないのです。ついては近隣への配慮など一切考えないのです。

近隣迷惑を一切気にしない業者に工事を依頼してしまうと・・・

 

・養生を設置せずに工事を行う(騒音、ホコリが舞うなどして近隣に迷惑をかける)
・事前の挨拶周りを行わない(クレームが起こりやすくなる一番の原因です)
・工事中に近隣からの苦情を言われても、ずさんな対応しかしない
・道路などを汚してもそのまま放置して帰る
・近隣から出たクレームを全て施主様に丸投げする

質の高い解体工事の内容とは

・ご迷惑がかかるかもしれない近隣すべてに、解体工事前に挨拶を行う。

・効率良い工程で作業を進める

・抜けや無駄のない工事内容で、総合的に安くできる工事を行う。

・工事中にご近隣への配慮を怠らない。

・工事終了後も迷惑をかけない。

・必要な工事の進捗状況を施主様に報告する。

適正価格とは何なのか?

解体工事は施工の質を落とさず、できるだけ安価行ないたいものです。解体工事でいう“適正な工事”とは、工事中はもちろん、解体工事終了後にも追加請求を含むトラブルが起きない工事の事を指します。そして、“適正な価格”とは、その適正な工事を行える金額の幅を指します。

解体工事を依頼する前に相見積もりをとることも大切ですが、相見積もりする業者が同じ条件の上でのお見積もりでないとまったく意味がありません。下記に業者ごとに金額差の出やすい項目を挙げました。見積りを取る際に、各業者がどのように見積りをしているかと、業者すべてに工事条件を揃えたい場合にお役立てください。

・仮設養生は設置されるか?
・工事施工範囲はしっかりと伝わっているのか?
・解体工事によって出た産廃物は適正処理されるのか?(マニュフェスとの発行が可能か?)
・近隣への挨拶をしてくれるのか?
・通勤時間や帰宅時間も工事を行うのか?

・苦情の対応(連絡先の表示など)は解体業者が行うのか?
・敷地の外を利用して工事をする場合など、道路の使用許可を取ってもらえるのか?
・交通誘導員は配置するのか?(道路使用許可などをとった場合には必要となります)
・毎日の工事終了後には掃除を行うのか?
・建物取り壊し後の整地作業は、ゴミ拾いまで行うのか?

必ず、安い解体工事には安いなりの理由があります。

「安い見積もりが出てきてよかった」と安易に喜ぶのではなく、安い見積もりをしてくれた解体業者には、その安い理由を必ず確認しましょう。
もしかしたら、お客様が望んでいる解体工事の質に及ばないものかもしれません。工事が始まってから追加で注文をすれば、その費用をさらに請求されてしまいます。
安いと思っていた買い物が、後々になって高い買い物になってしまったという、“安物買いの銭失い”にならいように注意しましょう。

もし、お手元にある見積書に不安なところがございましたら、解体無料見積ガイドにご相談ください。お客様の取得したお見積書の査定を致します。

解体無料見積ガイドには、適正価格の範囲内で“質の高い解体工事”を行える全国各地の解体業者が登録しています。