解体工事がもたらすトラブルとは

解体工事をする際に近隣住民の方とトラブルになったとよく聞きます。どんな事でトラブルになるのか見てみましょう

・解体工事における騒音

・粉塵や埃など、空気の悪化

・解体作業員のマナーの悪さ

などが多くあげられます。様々要因はありますが配慮できる解体工事業者選びが大事になっていきます。

工事が中断される場合もある・・・

近隣住民から施主でなく解体業者にクレームが入った時。それが解体工事の施工中であった場合、工事を中断せざるを得ない場合もあります。例えば「工事の音がうるさい」「トラックが邪魔」などの、解体工事に関するクレームが激しくなり大きなトラブルになってしまった場合、対策を取っても解決しなければ工事を中断し、別の解決策を見出すしかありません。工事が中断すれば、当然工期も延長することになってしまいます。工期が延長すればその分人件費がかさんでしまいますし、建替えなど解体後の活用が決まっていた場合、その予定もずらさなければならなくなってしまいます。

どんな会社を選ぶべきなのか?

近隣トラブルを防ぐ「近隣挨拶」「事前調査」!!

近隣挨拶は、これから行う解体工事の概要を連絡するとともに、「解体工事によって近隣に住む方々にはご迷惑をおかけします」と事前にお詫びする意味を込めて行うものです。
何も事前に知らされることなく、突然解体工事が始まってしまえば、近隣の方々は不安に思い、施主や解体業者に対して不信感を抱いてしまうことでしょう。

近隣挨拶では、いつ・どの家で・どの業者が・どのくらいの期間をかけて・一日のうちどの時間に作業を行うかなど、細かく工事の内容についてお伝えする必要があります。
工事を行う曜日、時間帯、その期間などを知ることで、近隣の方々がそれに合わせた予定を立てることもできます。
例えば、工事で発生する粉塵が不安な方は、工事が休みの日に洗濯を干すことにしたり、工事の音がうるさいと家でゆっくり休めないという方は、工事が終了するまで外出の予定を増やしたり。

書面だけの連絡ではなく、そのための時間を設けて顔を合わせることで、相手の信頼感も得ることができますし、こちらの事情をお伝えすることでご理解を得やすくなります。
大切なのは近隣住民の立場に立ち、もし自分が逆の立場だったらどのように感じるか、どのような対応をしてほしいか考えてみることです。