お客様に信頼していただけることが何よりのサービスへの評価です

東京エリアの解体工事を考える時に、「お客様に適正な条件で納得のいく住宅解体を行っていただきたい」というテーマがサービスの根本にあります。しかし、一般の方が経験する「住宅解体」の現状は、専門的な用語に振り回されたり相場の分からない見積書に惑わされたりする場合が多いと認識しています。
そうした不条理な状況を打開し、正しいあり方で住宅解体を行っていただけるような体制を整えることがサービス理念です。今後もお客様に「利用して良かった」と言っていただけるように、さらにサービス向上に努めてまいります。

東京周辺エリアの住宅解体工事は適正な条件で行うべきです

お客様は基本的に、工事の専門家である業者の条件に合わせることはありません。手数料を支払うお客様は、施工金額・施工業者などの条件を選択する立場です。数ある業者の中から、ご自分の条件に見合ったパートナーを選ぶべきです。しかし、一旦専門的な話題になると、情報に馴染みがなくうまく対応できないため、弱い立場に追いやられ、結果的に工事の専門家である業者の条件に合わせる場合も少なくありません。
そんな現状をより良く改善するためにも、業者とお客様の間に専門性の高いサポートスタッフを仲介役として置き、一切のやり取りはサポートスタッフが代行するスタイルをとっています。こうした体制を取ることで、お客様に正当な施工金額・施工業者などの条件を選択する立場をご提供していますので、ぜひご利用ください。

東京の解体工事サポートは一つの相談窓口だけで済みます

お客様の相談窓口は基本的に一つだけです。担当のサポートスタッフが一切を一括で管理・フォローします。通常、複数の見積書を比較検討する場合は、業者ごとにコンタクトを取り、それぞれの担当者とやり取りを行わなくてはいけません。仮にその中から一つの見積書に絞って施工を依頼したとしても、着工後は担当者が変わる可能性もあります。
そうした点を踏まえると、ご案内の体制は格段に使いやすいシステムです。複数の見積書を希望する場合でも事情説明は担当のサポートスタッフに一回行うだけで済み、着工後に相談事が発生した場合は一切の施工内容を把握している担当のサポートスタッフに相談すれば解決します。つまり、お客様は自分のニーズを担当者だけに伝えれば、後は全てお客様を第一優先として考えるプロが対応する仕組みになっています。

東京周辺エリアの住宅解体工事の手続きは一括でフォローします

施工業者が決まり、工事予定が確定すると住宅解体を行う上で届け出が必要な手続きが発生しますが、それらは全てスタップが対応するので、お客様が対応する手続きはありません。また、着工日までに電気・ガス・水道等の公共設備の契約解除手続きや住所の移転手続きをお客様の方で行う必要がありますが、対応する上で不明な点があればいつでも担当サポートスタッフに相談できます。
その他の住宅解体に関する手続きとしては、解体施工が完工した後の1ヶ月以内に「建物滅失登記」という専門書類を、お客様の方で法務局に申請する必要がありますが、対応手順を詳しく説明している「滅失登記マニュアル」を用意しているので、必要なお客様にはいつでもご提供できます。マニュアルがあれば専門知識がなくても対応できる内容なので、ご安心ください。